2020年春に卒業する学生の採用に向けた企業の会社説明会が3月から始まるのを前に、スーパーのユニバース(本部青森県八戸市)は28日、今年の採用試験に人工知能(AI)による面接を導入すると発表した。同社によるとAI面接の導入は東北初。スマートフォンがあればどこでも面接を受けられるようになり、学生の交通費の負担を減らして応募者拡大につなげたい考え。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。