青森市出身の画家林ひろ美さん=東京都在住=がこのほど、東京・渋谷区表参道のギャラリー北川画廊で個展を開いた。

 林さんは、パリの風景やねぶた祭を題材にした作品を多く描いており、今個展もパリのパッサージュ「ギャルリー・ヴィヴィエンヌ」をはじめ、夕暮れの「エッフェル塔」など、パリの街角を独特の色彩で表現。また、エーゲ海や、ねぶた祭を題材にした作品も紹介しており、合わせて油彩28点、水彩15点を展示した。

 林さんは「9月30日から5日間、青森市の五拾壹番館ギャラリーで、古里で2年ぶりの個展を開きます。楽しみにしてください」と話している。