3月から始まる金多豆蔵人形の体験プログラムを実演し、PRした濱舘町長(右)

 青森県は3月から、津軽伝統人形劇「金多豆蔵(きんたまめじょ)」を使った体験プログラムを中泊町の津軽鉄道・津軽中里駅に隣接する駅ナカにぎわい空間でスタートする。体験者が考えたオリジナルのストーリーを金多豆蔵人形で演じ動画を投稿、伝統文化体験の感動と魅力を発信する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)