2年ぶり2回目の優勝で笑顔を見せる青森山田イレブン。雪国のハンディを覆し全国屈指の「常勝集団」に成長した=1月14日、埼玉スタジアム

 今年1月の全国高校サッカー選手権。青森県代表の青森山田高校が2年ぶり2回目の全国制覇を達成した。名実ともに全国屈指の強豪校に成長し、巣立ったJリーガーは40人。同校サッカー部の歩みは、まさに平成の30年間と重なる。礎を築いた黒田剛監督(48)の徹底した人間教育と「負けず嫌い」精神が、高校サッカーの頂点に押し上げた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。