千葉県柏市の商店街で昨年末、「トビヲちゃんを探そう!」という一カ月にわたるイベントが開かれた。企画・制作は八戸出身の竹本真紀さん(32)=横浜市在住。弘大卒業後に同市に住んだ縁で声がかかった。

 竹本さんのオリジナルキャラクター「トビヲちゃん」の絵を街中にしのばせ、探してもらうイベントに大勢が参加。百五個すべて見つけた人が四十五人もおり、「楽しかった」「街の新たな発見があった」などの声が寄せられた。

 「東京が一線ではなく、作家がいるところが一線」という故村上善男・弘大名誉教授の影響を受けたという竹本さんは「アトリエを出てアートで世の中に貢献したかった。青森県の街でもこんなイベントをやれたらうれしい」と話していた。