あおもり藍エキスの活用法について意見交換する安井支店長(右)と佐々木教授

 青森県は22日、青森市独自の藍染め染料「あおもり藍」から抽出したエキスの利活用について学ぶセミナーを同市の青森国際ホテルで開いた。県内企業や自治体関係者ら約80人が、パネルディスカッションなどを通してあおもり藍の可能性を探った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)