営業停止から20年以上経過し、ガラスが壊れるなど景観を悪化させている「スパガーデン湯~とぴあ」=22日午後、大鰐町

 青森県大鰐町の山田年伸町長は22日、営業停止から20年以上閉鎖した状態が続いているレジャー施設「スパガーデン湯~とぴあ」を早期に解体、撤去したい考えを示した。建物が老朽化し景観を悪化させているため。町は2019年度、具体的な解体費を試算する設計業務に乗り出す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)