利用が低迷している八戸港第3魚市場A棟

 青森県八戸市は21日に発表した2019年度当初予算案に、八戸港第3魚市場A棟の稼働向上事業費として8834万円を計上した。A棟の利用は低迷しており、18年度の水揚げは改善計画(17~19年度)で掲げた目標3万1200トンにほど遠い1540トン(4.9%)。計画最終年度の19年度に目標に達しなければ、設備導入で使った国の補助金約5億円の返還を求められる可能性がある。目標達成は極めて困難な状況で、市は正念場を迎える。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)