クラブ・ブリュージュ戦の後半、競り合うザルツブルクの南野(左)=ザルツブルク(共同)

 【リスボン共同】サッカーの欧州リーグは21日、リスボンなどで決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、南野拓実のザルツブルク(オーストリア)と長谷部誠のアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)がベスト16進出を決めた。

 南野は4―0で快勝したホームのクラブ・ブリュージュ(ベルギー)戦で後半18分から出場して1アシスト。チームは2戦合計5―2と逆転して勝ち進んだ。長谷部はシャフタル・ドネツク(ウクライナ)戦にフル出場。チームは4―1で快勝し、合計6―3とした。

 決勝トーナメント2回戦の組み合わせは22日に決まる。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む