日本―イラン 第1クオーター、攻め込む比江島(6)=テヘラン(共同)
イランに勝利し、ハイタッチで喜ぶファジーカス(22)ら日本代表=テヘラン(共同)

 【テヘラン共同】今夏に中国で開催される、バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)のアジア2次予選は21日、テヘランで行われ、F組の日本はイランを97―89で破り、同組2位に浮上して21年ぶりの自力出場へ大きく前進した。

 22日(日本時間23日未明)にE組のヨルダンが中国に敗れると、自国開催だった2006年大会以来のW杯出場が事実上決定。日本がカタールと戦う24日の最終戦を棄権しなければ出場権を獲得する。

 日本は24得点の比江島(栃木)らの活躍で前半を10点リードして折り返し。後半は26得点のファジーカス(川崎)や竹内譲(A東京)が着実に加点した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む