ミズキの枝に次々と餅をくくり付ける倉石小の5年生ら

 青森県五戸町の倉石小学校(漆畑正一郎校長)で20日、5年生の児童13人が学校田で栽培したもち米を使い、豊作を願う伝統行事の「繭玉」づくりと飾り付けに挑戦した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)