東奥日報新町ビルNew’s開館記念として「めぐる文様-新聞紙から生まれる命」を開催します。 私たちが生きている地球環境は循環と堆積を繰り返しながら文明や環境を築いてきました。本展では読み終えた新聞紙から一本のこよりを作り、幾重にもこよりを積み上げて形作られた動物作品を展示いたします。その制作過程は、循環と堆積が作り出す文様を纏い新聞紙から新たな生命が生まれるような印象を受ける事でしょう。 ぜひ、この機会にアートとして生まれ変わった新聞紙をご覧ください。会場内は写真撮影可能。

めぐる文様展と青森のコラボ動画はコチラ

HITOTSUYAMA .STUDIO
「複雑に表情を変えていく海岸線、曲がりくねった木々、そして寒い国の温かい心。
この風土から生まれ連なる文様は、興味深く私達を惹きつけます。」
 

◇会期 2019年5月3日(金・祝)から6月16日(日)
◇会場 東奥日報新町ビル3階New’sホール
住所 青森市新町2丁目2-11
◇開館時間 午前9時から午後6時(最終入場17時30分)
◇観覧料 600円(500円)
※小中学生無料。カッコ内は20人以上の団体料金
◇問い合わせ 東奥日報社事業局事業部
(電話017-718-1135 平日:9時から17時)
◇主催 東奥日報社、東奥日報文化財団
◇特別協賛 王子製紙株式会社
◇協賛 青森銀行、みちのく銀行、青い森信用金庫、東奥日報販売店主会
◇後援 青森県、青森県教育委員会、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、エフエム青森、青森ケーブルテレビ
◇企画制作 HITOTSUYAMA .STUDIO
◇協力 一ツ山産業株式会社