栄和人氏

 レスリング女子のパワーハラスメント問題で日本協会強化本部長を辞任し、至学館大の監督を解任された栄和人氏が20日、東海テレビの番組に録画出演し、パワハラ問題の被害者となった五輪4連覇の伊調馨選手に対し「強い言葉になってしまった」と改めて反省の弁を述べた。

 栄氏は教え子で五輪3連覇の吉田沙保里さんが1月に引退したことについて「胸が熱くなる。本人に迷惑を掛けた」と心境を吐露。自身の問題が引退に影響したかについて「本人は関係ないと言っているが、吉田も後輩のことを考えるとつらい。もう一度、五輪という気持ちになれなかったのではないか」と責任を感じていた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む