日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連が今春の新潟県大会での導入を目指していた投手の球数制限について、新潟県高野連に、再考を求めることを決めた。専門家を交えた「投手の障害予防に関する有識者会議」を4月に発足させ、多角的に検討していく。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「1年後には(具体的な指針を)答申をしていただきたい」と会議の見通しを述べた。

 新潟県高野連は昨年12月に、故障予防などを目的に、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できないルールの導入を表明。理事会では、全国で足並みをそろえて検討すべきだとする方針でまとまった。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む