大阪樟蔭女子大学田辺聖子文学館は19日、第11回田辺聖子文学館ジュニア文学賞の受賞者を発表した。青森県からは、小説部門高校生の部で「木天蓼(マタタビ)、また旅」を書いた青森高校2年の鎌田陽都(はると)さんが優秀賞を受賞した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)