今漁期から大型魚の漁獲規制が導入されたクロマグロ=1月、大間港

 今漁期(2018年7月~19年3月)の青森県沿岸のクロマグロの漁獲時期が、1月でほぼ終了した。新たに漁獲規制が始まった重さ30キロ以上の大型魚の1月末時点の水揚げ量は、青森県全体で287.5トンで漁獲枠(402.0トン)の71.5%。枠超過の心配はなくなったが、現在の国の制度では余った漁獲枠を次の漁期に繰り越すことができない。来漁期(19年4月~20年3月)以降は、枠の範囲の中で最大限の漁獲実績を上げることが課題となる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)