鹿島―ニューカッスル 前半、2点目のゴールを決めた山本(右から2人目)と喜ぶ鹿島イレブン=カシマ

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場を懸けたプレーオフが19日、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムなどで行われ、J1で3位だった昨季王者の鹿島と同2位だった広島が本大会出場を決めた。日本勢は川崎、浦和と4チームがACLに参戦する。

 鹿島はニューカッスル(オーストラリア)に4―1で快勝。1―1の前半に山本が勝ち越し点を奪い、後半にセルジーニョが2得点した。広島はチェンライ(タイ)と0―0と延長でも決着がつかず、PK戦を4―3で制した。

 鹿島は1次リーグで慶南(韓国)などとE組、広島はメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と同じF組に入る。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む