駒井代表(前列右)と発表会に出演する会員たち

 青森市、平内町、むつ市などでヒップホップ教室を開いている「スタジオクラウド」(本部・野辺地町、駒井慎也代表)が3月2日、青森市のリンクモア平安閣市民ホールで発表会「END MAX2019」を開く。約120人が踊るほか、「つながり」をテーマに段ボール造形愛好家や津軽文化発信型アパレルブランドなど異業種のブースも設け、人の輪の広がりを目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)