間もなく解体される十和田観光電鉄・旧三沢駅の駅舎
取り壊しの前に駅舎を一目見ようと訪れた親子3人。「二十数年前はたい焼き屋さんもあって、にぎやかだったよ」と教えてくれた=10日
旧三沢駅の駅舎で営業している人気の食堂=10日

 55年前に建てられ、通学の高校生、十和田湖や花見へ出掛ける観光客でにぎわった十和田観光電鉄(十鉄)旧三沢駅の駅舎が、駅前広場の整備事業に伴い、間もなく取り壊される。十和田-三沢を結ぶ鉄路は7年前廃線となり、駅舎は現在、バス待合所として利用されている。人気の「駅そば」は今も健在。今秋にも完成する複合施設に移り、変わらぬ味を提供する予定だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)