江渡衆院議員のパーティーで、出席者と握手する滝沢氏

 今夏の参院選青森県選挙区に再選を目指して出馬する自民党現職の滝沢求参院議員(60)は17日、青森市で行われた江渡聡徳衆院議員の「新春の集い」で来賓としてあいさつし、自身の選挙について「ようやく相手の顔が見えてきた。まだ決まっていないようだが、いずれにしても(野党は)一本化してくると思う」と語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)