JR青森支店によると16日午後6時10分ごろ、八戸線の大蛇道踏切内(青森県階上町)で乗用車が脱輪しているのを運行中の下り普通列車(八戸発久慈行き)の乗務員が発見し、停車した。車は線路から離れた位置にあったため列車との接触はなく、けが人もなかった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)