常任幹事会後、取材に応じる国民民主党県連の田名部代表(右)と奈良祥孝幹事長=16日、青森市

 今夏の参院選について、国民民主党県連の田名部匡代代表は16日、青森県選挙区で党として独自候補の選定作業を続ける考えを示した。田名部代表は「候補者を擁立する努力は諦めず、同時に県内(野党勢力)の結集がうまくいくように、そのための努力もしていく」と語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)