むつ市川内庁舎でお披露目された3枚の絵画。左から「鯛島伝説」(國府田姫菜さん作)、「明日をのぞむ」(鈴木咲穂さん作)、「背に広がる」(神谷恵さん作)

 県外の若手アーティストが青森県むつ市川内町に滞在し、下北の風景や魅力をモチーフに制作してきた絵画3枚が完成した。16日、市川内庁舎で、作品がお披露目された。3人の制作者は「下北の土地で受けた刺激を形にした」「地域の魅力を多くの人に知ってもらえたら」と制作を振り返った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)