熊本県生まれで、弘前高校を卒業するまで弘前市で育った学習院大学2年の松崎太朗さん(20)=都内在住=は、ラッパー「Lil taro boy」の顔を持つ。表現することに興味があり、役者を経験したりした。1年前、同郷の先輩に「そろそろ何か形にすれば」と言われ、詩を書き、音楽に乗せてみた。

 表現したいのは「同じ人間の中の違う側面」。要領よくこなしているけれど、実はしんどい、といった外見と内面のギャップに目を向ける。「心の中の葛藤や負の感情を肯定し、表現することで、そんな悩める人の気持ちをほんの少し、軽くすることができたら」。作品は動画投稿サイト「ユーチューブ」で見られ、3月には初めてのライブ出演も予定する。