青森県八戸市の八戸港第3魚市場で14日、中型イカ釣り船が三陸沖で操業したアカイカ冬漁の初水揚げがあった。10キロ当たりの高値は5700円と昨冬の初水揚げより20%安だった。関係者によると、今期の冬漁を操業した船はアカイカの漁が薄いことからすでに日本海のスルメイカ漁に切り替えており、最終的な数量は好漁だった過去2年を大きく下回る見込みという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)