桜田市長(右端)に事業開始の報告をする坂野代表取締役(右から2人目)

 石油製品の販売などを行う弘善商会など青森県弘前市の3企業とみちのく銀行が共同出資し設立した地域新電力会社「さくら新電力」(弘前市)が昨年12月、電力販売を開始した。今後、安価な電力供給によって地域活性化を図るとともに、年金受給の利用者向け巡回サービスなども検討していくという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)