昆虫が運ぶ病原体でマツなどが枯死する「松くい虫」被害が昨年10月、青森県南部町のアカマツ5本で確認された問題で、県が三八地区の国道4号沿いを中心に小型無人機「ドローン」で調査を行った結果、追加の被害は確認されなかった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)