北部上北広域事務組合(管理者・中谷純逸野辺地町長)は12日、同組合議会議員全員協議会で、2018年3月に浮上していた公立野辺地病院、公立七戸病院、国保平内中央病院の3病院統合案について「再編を検討してきたが、困難であることが明らかになった」との見解を示した。野辺地病院は今後、建て替えを含む病院運営を単独で行わざるを得ないとしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)