室内滞空時間で記録に挑戦した戸田さん
室内距離で記録達成を目指す藤原さん

 紙飛行機の室内滞空時間でギネス世界記録を持つ「折り紙ヒコーキ協会」の戸田拓夫会長(広島県福山市)と、室内距離の日本記録を持つ同協会の藤原宣明事務局長(同県府中市)が12日、青森県五所川原市のつがる克雪ドームでギネス世界記録の更新に挑戦した。2人は20回ずつ飛ばし、最長滞空時間は23.64秒、最長距離は51.28メートルで惜しくも記録更新には届かなかった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。