12日午前10時45分ごろ、三沢市の三沢飛行場で米軍三沢基地所属のF16戦闘機が滑走路をオーバーランし、滑走路が一時閉鎖された。民間航空機の離発着ができなくなり、三沢空港では、日本航空(JAL)の大阪発午後0時50分三沢着が1時間遅れるとのアナウンスが入った。三沢防衛事務所は「米軍などに状況を確認中」としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)