福岡、埼玉両県警の合同捜査本部は11日、会員制交流サイト(SNS)で外国人女性などのふりをして恋愛感情を抱かせる「国際ロマンス詐欺」と呼ばれる手口で現金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、南関東に住む25〜43歳のアフリカ人の男4人を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年5月上旬、夫を亡くした米国人女性を装って東京都の男性会社員(46)にSNSで接触し、遺産譲渡の手数料名目で計180万円を容疑者名義の口座に振り込ませた疑い。

 また、シリア在住の医師を装い、札幌市の女性公務員(58)に医療機器代の名目で109万円を送金させた疑いもある。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む