連休中は更新しないだろと思われがちでっすが、春の風物詩だけはアップせねばっ☆

4月最後の週末、こちらに出没してまして☆

全国屈指の桜の名所、弘前公園っ☆

早咲き傾向の今年は、GWの
前半で早くも外堀散り始め☆




明るいうちに出没してたのは、追手門広場☆

津軽の観光土産やグルメなど
各種ブースが並ぶ中に発見っ☆





青森県と友好交流協定を結んでおりまっす、
「韓国・済州特別自治道(済州島)」のPRブースっ☆



なんと、済州島から2名の道庁職員さんも来県しての展開っ☆
左のお二人の男性、コ・ヨンゴンさんにジャン・ムンボンさん☆


県国際交流員のパクスヨンさんと県庁の男性職員さんも一緒に済州をPR☆




で、福ロウが会いに来たのが一番右の方っ☆

こちら、済州観光公社東京広報事務所長☆

渡守武祐子さん、トモタケさんと読みまっす☆

「ようやくお会いできました!」と感慨無量の握手☆

ふぇっ、後ろの石のオジサンも気になる?




済州島のいたるとこに鎮座してるっていう、島の守り神
「トルハルバン」、石のおじいさんなんでっすよね☆



「自然豊かな済州島へぜひ!」

もちろん、行きたいでっす☆

福ロウがトモタケさんの来青情報を
入手して駆けつけたのも、実はっ☆



福ロウのマイブーム「済州」行きを狙ってるからでっして☆

勝手に観光大使になり切って、今後も
バンバン、済州をPRしちゃいまっす☆

ってのも、3月にジョシマルがおもてなしした
"済州3人娘の青森女子旅"をきっかけに☆


今度は福ロウが3人娘に会いに行きたいってわけ☆


で、女子旅2日目夜のジョシマル会員との交流会で、済州PRの
ポスターや動画を提供手配してくれたのが、トモタケさんでして☆





当日の東奥日報取材班による、総力取材
>>交流会当日の動画もまた懐かしいっ☆







自称・青森県を代表するキャラクター、流行りの
インフルエンサー・福ロウといたしまっしては☆

やっぱり実際に済州に行って、島の魅力を
青森の皆さんにPRしたいって意気込み☆





えっと、サクラ報告がすっかり、済州行き実現の決意表明となったところで☆




一杯引っ掛けて、辺りはすっかり夜っ☆

弘前公園そばの東奥日報社弘前支社の前に、
今年も灯るぼんぼり群っ、なんか増えたような☆





弘前公園内、夜桜見物にGOでっす☆

桜の花びらが散り水面に浮かんで広がる外堀の
花筏には、この日はまだちょっと早かったよう☆





園内がちょうど満開となったこの日、いい感じに
ライトアップされた桜とお堀、ビューティフルっ☆



んでもって、弘前公園といえば弘前城なわけでっすが☆

昨年の桜報告でもお伝えしましたが☆




天守を支えてきた石垣が膨らんで、崩落の
恐れありってんで、本丸石垣大改修中っ☆

総数2千個以上の石に番号を付け、解体&調査後は
再び元の場所に戻すっていう、気の遠くなる作業っ☆




石垣の改修工事に伴って、天守は本丸に引っ越し中☆

鮮やかな朱色の下乗橋から、今年も
お城が遠くに見えてる状態でっして☆

向こうにぼんやり見えてる天守も
2021年度に、天守台に戻るそう☆




お城と桜をバックに撮影できる、
定番の構図復活はもう少し先☆

この春は、石垣解体・修復の作業を間近に
眺めることができる展望デッキもできたんで☆


GW後半の弘前公園サクラ観光は、
石垣改修現場にもぜひご注目を☆