りんご娘のメンバーに囲まれる多田さん(中央)。「デモの曲に涙してくれる彼女たち。ボーカリストとしての気迫を感じます」(提供・リンゴミュージック)

 「この街で曲を書いて生きていきたい、そう思ったんです」-。中央の音楽シーンで活躍するトップミュージシャンで、ご当地アイドルりんご娘への楽曲提供でも知られる多田慎也さん(42)が、東京から青森県弘前市に移住した。仕事を通して弘前の環境にほれ込んだ多田さん。インターネットなど通信手段の発達で地方にいながら中央とかかわる活動がより容易になったことを身をもって示す多田さんの存在は、若者をはじめ広い層の注目と関心を集めそうだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。