くちばしの一部が欠けたハクチョウ「湊くん」(右)と、つがいの「岬ちゃん」(左)

 ハクチョウの渡来地として国の特別天然記念物に指定されている青森県平内町の浅所海岸に、くちばしが欠けたオスのハクチョウ「湊くん」が、今冬も姿を見せている。つがいのメス「岬ちゃん」とともに、10年以上前から毎年飛来。かつては他の鳥にいじめられていたが、現在は群れのリーダー格に成長した。町内の関係者は「いつまでも姿を見せてほしい」と願っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)