【男子リレー】写真判定の結果、100分の2秒差で新潟とのデッドヒートを制し準優勝を勝ち取った青森県の4走平田(左)=新潟県十日町市の吉田クロスカントリー競技場
男子リレーで準優勝に輝き、ガッツポーズで喜ぶ青森県チーム(左から1走・亀田朝、2走・亀田華、3走・山谷、4走・平田)
【女子リレー】2走熊谷(左)が10位から6位に順位を上げ3走黒木(中)にタッチ
女子リレーで7位入賞を果たした青森県チーム(左から1走・四戸、2走・熊谷、3走・黒木、4走・渡邊)

 第56回全国中学校スキー大会は最終日の7日、新潟県十日町市の吉田クロスカントリー競技場で男女距離リレー、湯沢町の苗場スキー場で女子大回転を行った。青森県勢は、男子リレーで地元新潟県チームと2位争いのデッドヒートを制して準優勝。女子は前回大会から一つ順位を落としたが、7位入賞と健闘した。女子大回転は2本目に進んだ宮川望(横内1年)が23位、西野真心(七戸3年)が53位となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)