弘前東高校で毎年、卒業式を前に3年生を対象に上演する演劇の一幕。社会人としてのルールやマナーをテーマにしている
期待と不安が入り交じる卒業後を思いながら、真剣な表情で舞台を見詰める3年生たち

 間もなく卒業シーズン。弘前東高校(村田秀俊校長)では毎年この時期、体育館で3年生向けに恒例の演劇が上演される。PTA、同窓会、後援会の30人以上が力を結集。主に就職する生徒たちに向けて、社会人としてのルールやマナーを説きながら、熱いエールを送り続けてことしで15年目となった。すべて手作りのユニークな舞台は、同校の名物行事として定着。学校外からも評判を呼ぶようになった。それでは“劇団東”の大舞台、始まり始まり~。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)