協定書を手にする野坂町長(右端)、林市長(左から3人目)ら=横浜市庁舎

 横浜市と青森県横浜町は6日、同じ「横浜」つながりの縁で、再生可能エネルギーに関する連携協定を結んだ。同町を含む青森県、岩手、福島3県の12市町村が同市に対し、各地域で発電した太陽光や風力などの再生可能エネルギーを供給する仕組みづくりに、連携して取り組む。横浜町の風力発電で得られた電力を横浜市内の企業に供給する構想も示された。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。