原子力規制委員会は6日の定例会で、リサイクル燃料貯蔵(RFS)が運営する使用済み核燃料中間貯蔵施設(青森県むつ市)の安全審査に関し、審査会合での論点の変更を決めた。現在、貯蔵建屋に対する津波の影響を巡ってRFS側との議論が続くが、規制委は建屋内で使用済み核燃料を保管する金属製容器(キャスク)の密封性を重視。建屋が損傷したとしてもキャスクの安全を維持する対策に、論点の軸を変えたい考えだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)