下北産の食材をメインに調理した「下北(ジ)オでん」
下北(ジ)オでんを試食するサポーターの会のメンバー

 下北ジオパークを応援する民間団体「サポーターの会」が、ジオパークを食の分野で楽しんでもらおうと、下北産食材で調理したおでん「下北(ジ)オでん」を考案した。6日、青森県むつ市の「居酒屋 和風ダイニングみつのや。」で、試食会を開いた。同店は15日から販売する。サポーターの会は今後、飲食店へ呼び掛け提供店を増やす方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)