後半、柴崎選手のプレーに拍手を送る観客=2日午前0時36分、野辺地町中央公民館

 サッカーのアジア・カップ決勝が行われた1日深夜から2日未明にかけ、日本代表の柴崎岳選手(青森山田出、ヘタフェ)の古里・野辺地町でパブリックビューイング(PV)が開かれた。町民ら約100人が足を運び、熱い声援を送った。日本は5度目の優勝を逃し、会場は柴崎選手の心境を推し量るかのように重苦しい空気に包まれた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)