事業開始時期延期をむつ市議会に説明するRFSの坂本社長(右)

 青森県むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)は1日、使用済み核燃料中間貯蔵施設の事業開始時期延期を同市議会に説明した。坂本隆社長は「設工認(設計と工事方法の認可)が下りれば、先の見通しが相当明確につくようになる」と述べ、まずは2019年度下期の設工認審査終了を目標とする方針を改めて強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)