東北電力は1日、東通原発の敷地内や周辺で地質構造の補足調査を行うと発表した。4月から約半年間の予定で、2021年度とする安全対策工事の完了目標に影響はないとしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)