電気機関車(左)に押されて走行するラッセル車=1月20日、弘南線の平賀-館田間
始発列車の運行に備え、線路の雪をかき分けて走るラッセル車=1月24日午前4時半ごろ、尾上高校前駅付近

 弘南鉄道(本社青森県平川市)の弘南線(黒石-弘前)線路を除雪するラッセル車が今冬も活躍している。今年で製造から90年たった北海道生まれの「道産子列車」は、重厚で漆黒のボディーが特徴。近年、鉄道愛好家の人気を集め、同社の知名度向上にも一役買っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)