会見で防災ラジオのデモンストレーションを行うエフエム青森の関係者ら
深浦町八森山に整備されたFMラジオ中継局(エフエム青森提供)

 青森県深浦町に1日、エフエム青森の深浦中継局が開局した。1987年のエフエム青森の本放送開始以来、同町は受信環境が悪いエリアだったが、中継局の開局により家庭や西海岸のドライブ時にクリアな音質でFMラジオが楽しめるようになった。町が国の補助事業を活用して中継局設備を整備し、エフエム青森が免許を受けて放送する公設民営型の中継局。町はFMラジオ放送を活用し2019年度以降、一般家庭に防災ラジオを導入する方針。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。