初場所で審判の務めを終えた後、取材に応じた西岩親方=東京・両国国技館

 大相撲の元関脇・若の里の西岩親方(42)=青森県弘前市出身=が田子ノ浦部屋から独立し、西岩部屋を興して2月1日で1年となる。西岩親方は取材に「弟子の成長は想像以上のうれしさで、親方1年生として弟子と共に成長できた」と振り返った。先代師匠の故鳴戸親方(元横綱・隆の里、旧浪岡町出身)に似てきた-と、言われることもあるという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)