宿題は後に残しちゃうタイプの福ロウ、東京から戻って以降は何かとバタバタ☆

週の半ばに、またまたM姉さんに呼び出され☆

どうせ説教タイムも兼ねでしょうから、せめて
ホッと癒しのカフェランチ希望ってんでここを指定☆


コンパス冬号青森エリア版でも紹介の、青森市
中心部、新町通りそばの「コーヒーカラーズ」さん☆

ランチ訪問はお久しぶりでっす☆


コーヒー専門店でっすが、ランチも女性たちに支持されてまっして☆

煮込みハンバーグや具だくさんポタージュセットなど☆

オリジナルのランチセット、さらにコーヒーと
相性のいいラインナップにリニューアルされ☆


全メニューから選べるドリンクつきで、どれも
800円〜950円とお得なセットの展開は健在っ☆





福ロウのチョイスはこれこれ☆

温野菜サラダのBLTホットサンド(800円)☆

具だくさん、アッツアツのホットサンドに、
たっぷりの温野菜。栄養バランス抜群☆


M姉さんは、珍しく肉系をチョイス?


「残業続きで、スタミナつけたいからね」

トマトソースにトロ〜リチーズがのっかった、
イタリアンハンバーグセット、スープつき☆


もちろんドリンクつき料金で、950円☆



あったまるポタージュ、冬のカフェランチらしいっ☆


ん〜、いい香りっ☆

そいえば、満席の店内はみ〜んな女性☆

コーヒーの香りに包まれた店内で癒しのランチ、
女性たちの街なかオアシス的な雰囲気ってわけ☆




「食後のコーヒーは、豆の販売も好調なサクラコブレンド『桜咲く』にしようっかな」

えっと、福ロウは、今日は寒いのでホットココアで☆

「せっかく、コーヒー専門店っていうのに・・」

いやいや、紅茶やココアもありまっせという
情報なんかも、ときには必要かな、なんて☆


えっと、コスタリカコーヒーの
「SAKURAKO(サクラコ)」とは・・?


函館在住の田中桜子さんって女性が、初めて
日本に持ち込んだことに由来するネーミング☆

高品質で希少性の高い「SAKURAKO」☆

津軽海峡を挟んだ青森と函館を起点とした
「青函発コスタリカプロジェクト」の看板商品☆



「コスタリカはマイクロミルといって、生産者の顔が見える少規模な農園で
栽培から精製まで独自に行う生産スタイルが主流の産地なんだって」



無農薬栽培の希少な豆「サクラコ」も生の豆を
取り寄せ、毎日焙煎仕立てを販売ってわけ☆

しかも、コスタリカコーヒーのサクラコは、
生産処理でも大きく特徴が変わるとな?


「ブラックハニー」に「ホワイトハニー」☆


コーヒー果実を水洗いせず乾燥させると、コクと甘み、爽やかな酸味のハニー風味に☆

果肉の残し加減でブラック〜ホワイトと異なるプロセスが楽しめるってから、奥深い☆


「人気のサクラコの魅力は、カウンター席で
オーナーからレクチャー受けるのが一番!」


でっす☆ で、最近は焙煎工房も店内に
移したコーヒーカラーズさんでっして☆

新町界隈、朝からコーヒー焙煎のいい香りに
包まれてること、お気づきの方も多いのでは☆




「コーヒーカラーズ」さんの店舗は、今や焙煎工房も兼ねてるってわけ☆


販売銘柄も増え、価格帯も多様に☆

最近の話題銘柄はコーヒー通に人気、
パナマエスメラルダ農園「ゲイシャ種」☆

限定量を毎日焙煎したてで販売、要チェック☆



とにかく美味しいコーヒーで癒されたいって方に☆

おすすめの街なかの癒しカフェ☆

ランチタイムに、午後のひとときに☆

そして福ロウのように、仕事の途中でホッとひといき
立ち寄っときたいサラリーマンさんもぜひど〜ぞ☆


お店の情報はこちら>>コンパス冬号青森エリア版からも☆