小型風力発電の支柱根元に落下した風車部分=つがる市富萢町、午後3時半ごろ

 24日午後1時半すぎ、青森県つがる市富萢町の小型風力発電機(発電出力19.5キロワット)の風車部分が約20メートルの高さから落下しているのが見つかった。けが人はなかった。落下原因は不明で、つがる市は25日にも、発電機を所有・管理する大阪府の電気工事会社に原因の調査を求める。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。