ふるさと納税の寄付金を活用して2015年度に屋根の改修が行われた旧芦野公園駅舎
津鉄のイメージキャラクター「つてっちー」(右)。さまざまなイベントでPRに一役買っている=2018年12月28日、五所川原市の津軽五所川原駅前

 青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道(本社・五所川原市、総延長20.7キロ)の安全運行に同市のふるさと納税が大きく貢献している。同鉄道の支援を指定した寄付金は毎年多くの申し込みがあり、2018年度は12月末現在で3千万円に迫る。それらは駅舎や車両の改修、枕木交換など津鉄を安心して利用してもらうために欠かせない事業に活用されており、同社の澤田長二郎社長は「厳しい経営環境の中で貴重な支援になっている」と感謝する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)