14日に八甲田山系西方の上空を飛行中の米軍三沢基地所属のF16戦闘機1機から、操縦席後方の空間を覆うプラスチック製カバーの一部が落下した事故で米軍は24日、「操縦席内の気圧低下が原因」と東奥日報紙の取材に明らかにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)