青森県東通村は23日、エネルギーに関する講演会を村体育館で開いた。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科の遠藤典子特任教授が「第4次産業革命とエネルギー政策」と題し講演。電化の進展で電力需要の拡大が見込まれる中、「原子力発電はますます重要性を増していく」と語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)